こんばんは、Nexus7大好き、
ネクサス滝川@マネテク!です。

だいぶ前にNexus7(2012-32G、アウトレットで14,800円(税抜))を
購入したのですが、以来、読書がかなり捗っています。

なんでだろう、と思ったのでちょっと考えてみました。

「読後に自炊」から「自炊して読書」への転換

以前は紙の本で買ったものはまずは紙で読んでから、
自炊してPDFで保存、というフローでした。
つまり、読んだ後の本が取る場所をなくす、という考え方です。

しかし最近は、未読の本でも躊躇なく裁断し、スキャンしています。
これがなかなか気持ちよいです。

なぜかNexus7で読書が進む

そして、読むのはやっぱり紙の本、と思っていましたが、
なかなかどうして、Nexus7の画面で読むのが、
違和感がなく、読書が進みます。
むしろ、紙の本ではなかなか読まずにいた本を、
自炊をきっかけに読んだりしている状況です。

電子書籍という意味ではKindle本を読むことも多いのですが
(こちらはセールを見てついつい買ってしまうことが多いです…)、
ご存知の通り、Kindleは文字の大きさを自分の好きに変えることができます。
あれが何か、読書感を削いでいる気がします(勝手ですみません…(笑))。

つまり、どの辺を読んでるのか、の感覚が狂う感じです。
もちろん、何%まで読んだか、(その文字サイズでの)何分の何ページか、
という表示はあるのですが、個人的には固定されたページ数の方が馴染みます。

その点、Nexus7はまんま紙のイメージなので、違和感を感じません。
そう考えると、あくまで個人的な感想で管理人だけなのかもしれませんが、
紙の本に近い読書感がいいのかもしれません。

PerfectViewerは神アプリ

ちなみに自炊した本を読むのに使っているのがPerfectViewerというアプリです。
おおよそ考えられる機能は実装されていて、何かと便利です。
なんでこれが無料なのか、正直言って不思議でならないです(笑)。

・Perfect Viewer – Google Play の Android アプリ

というわけで、紙の本、Nexus7で読んでみたら
意外と捗るかもしれないですよ、というお話でした。

(参考リンク)
・タブレット – ASUS Shop