こんばんは、夢は大富豪、
アニキ滝川@マネテク!です。

出稼げば大富豪シリーズは一応ひと通り読んで、
それなりに影響を受けているような受けていないような気がしますが、
大富豪シリーズで有名なアニキこと丸尾孝俊さんの本です。

図書館で予約して借り、読んでみました。


気になった箇所を抜書きしておきたいと思います。

いろいろな「成功法則」とか呼ばれるものがあるのかもしれんけど、結局な、「本気でぶっちぎる」ことができたら、生まれつき持っている才能やお金に関係無くな、誰でも成功できるんやて

行動力がとても大事、ということですかね。
死ぬ気でやることは、やはり大事だと思います。

ようするにや…。「素直なヤツが一番」ってことやねんな。それが、就職で採用される一番の秘訣やねん

素直さは、本当に大事だと思います。

そう考えたら、「過去の祖先」や「過去の日本人の歴史」にな、敬意を払う必要があるんやて。その先輩たちがいなかったら、今の日本はないのやから。「先輩たちの歴史を否定することは=今の自分の存在を否定すること」やねん。

今の状態を「当たり前」と思わず、「有り難い」と感謝して、ご先祖様や諸先輩の教えをよく学ぶこと。そして、必死のパッチでがんばって、自分たちのところでさらによくして、次の世代にタスキを渡すこと。伝えていくこと。それによって、人類を、少しでもいい方向へと導くこと。

今、日本がやっているのは、「グローバル化」ではなく、単なる「欧米化」だ。「欧米化」していった先に、「理想の状態」や「理想の幸せ」が待っていないことは、今の「欧米諸国」を見れば、明らかだ。

なぜ生きるのか。深いです。

それはな、「子供を過保護にしないこと」やねん。子育ては、もう、完~全に、このひとことに、つきるんやて。

大人になってから「間違う」ことがないように子供を育てるのが親の役目やろ?なのに子供から「間違うこと」を取り上げてしまってはいけないんや。

「親が子供に、言うて聞かせる」のではなくな、「親が子供に、やってみせる」が正解なんやて。

今まで、僕は、「相手の面倒を見るのは大変だから」とか、「相手にしてあげて、返ってこなかったら損してしまうな」とか、そんなことばかりを考えてきたけれど、「人は鏡」と信じてやり続ければいいんだ。

間違うことを取り上げてはいけない、
目からウロコですね。
確かにその通り。
子育てはもちろん、部下教育も同じだと思います。

兄貴の教え1 一番大切なのは「相手を自分ごとのように大切にする心」
兄貴の教え2 相手のために、お金を使い続ける
兄貴の教え3 自分の「童心」を取り戻せ
兄貴の教え4 自分から会いにいく
兄貴の教え5 最強の問題解決は、自分から会いにいくこと
兄貴の教え6 相手を自分の家に泊まらせる
兄貴の教え7 最初から「恥」をさらして、相手の信用をえる
兄貴の教え8 常に「失敗」と共にあることで成長する
兄貴の教え9 仕事で生き残る人の条件は、義理と人情と職人技
兄貴の教え10 リミッターを外して、本気になる
兄貴の教え11 仕事に思い入れている時間を、長くする
兄貴の教え12 儲かる仕事が優先。「天職」は1つの仕事を続ける中で見つかるもの
兄貴の教え13 「ご縁をつなぐこと(紹介)」に目を向けると、人生が変わる
兄貴の教え14 「五分と五分の実力を保つライバル」を持ち続ける
兄貴の教え15 独立する前に、独立後のお客さんを確保する
兄貴の教え16 人が「一丸」となっている会社を選べ
兄貴の教え17 「お金」は稼げるだけ稼ぐ
兄貴の教え18 1日14時間以上働きまくる
兄貴の教え19 100万円貯まるごとに「金(きん)」に換えてお金を増やせ
兄貴の教え20 「人とのつながりが育まれない投資」はしない
兄貴の教え21 生きる目的は、少しよくして次の世代に伝えるため
兄貴の教え22 親に生きるエネルギーを与えることが親孝行
兄貴の教え23 子育てで、もっともいけないのは「過保護」
兄貴の教え24 親がやっていることを、子供がやるようになる
兄貴の教え25 「人は鏡」。相手の面倒を見れば、必ず返ってくる

丸尾孝俊さんの全ての本を読んだわけではありませんが、
集大成的な本なのかなぁと思います。

読むと元気がもらえるというところと、
ハッとするような気付きがところどころあったりするので、
機会があれば読んでみてください。

大富豪アニキの教え/u>
★★★

星の基準
★★★★★ 手元に置いて何度も読み返したい名著 買って配りたい
★★★★ また読みたい、いい本。他人に勧めたい
★★★ よい本だった。また読むかは微妙。
★★ 読む価値のある部分もあるが…。また読むことはなさそう。
★ 時間の無駄だった。