こんばんは、モノを捨てるのが大好き、
世捨て人滝川@マネテク!です。

もとい、俗世にまみれて生きております(笑)。

というわけで、若干うさんくさいと思いつつも(笑)
管理人的には結構好きな高城剛の本です。

タイトルに惹かれたので図書館で予約して読んでみました。


さっそく本の内容ですが、
要は洋行、つまり海外に行って視野を広げよう、という本です。

モノを捨てる必要性は、あまりなさそうでしたね。
個人的にはどんな風にモノを捨てて、
今持っているものが何なのか、に興味がありますが。

一応、そのニーズにはこの本あたりが応えてくれそうなのですが、
もうすこし深いレベルで解説してくれるといいと思います。
って何か偉そうですみません(笑)。

(過去記事)
・LIFE PACKING:マネテク!

モノを捨てよ、世界に出よう
★★

星の基準
★★★★★ 手元に置いて何度も読み返したい名著 買って配りたい
★★★★ また読みたい、いい本。他人に勧めたい
★★★ よい本だった。また読むかは微妙。
★★ 読む価値のある部分もあるが…。また読むことはなさそう。
★ 時間の無駄だった。