こんばんは、バビロン大好き、
バビロン滝川@マネテク!です。

というわけで、バビロンの大富豪を図書館で借りて読んでみました。
管理人的には、愛読書の7つの習慣を読むたびに、
7つの習慣に挟まっている宣伝のチラシで目にしていたタイトルです
(分かりづらくてすみません)。

本自体は、バビロンで発掘された、
古代の人々が石版に書き残したお金にまつわる知恵が書かれている、
という体のフィクションです。


さっそく、ポイントを抜書きしてみましたので紹介します。

黄金の「七つの知恵」

第一の知恵
財布を太らせることから始めよう
収入の1割を使わずに貯蓄する。

最初からそう決めておけば、残りの9割でも不思議と今まで通り生活できる。

第二の知恵
自分の欲求と必要経費とを混同するべからず

私たちがそれぞれ必要経費と呼んでいるものは、自分で気をつけていない限り、必ず収入と等しくなるまで大きくなってしまう。

第三の知恵
貯めた資金は寝かさずに増やすべし

継続的に利益を生むものに投資をする。

第四の知恵
損失という災難から貴重な財産を死守すべし

知恵のある人間に相談する。

第五の知恵
自分の住まいを持つことは、有益な投資と心得よ

生活コストを下げることにつながる

第六の知恵
将来の保障を確実にすべく、今から資金準備に取りかかるべし

若いうちから少しずつでも積み立てておけば、複利効果で大きな利益を得ることができる

第七の知恵
明確な目的に向かって、自己の能力と技量を高め、よく学び、自尊心を持って行動すべし

五つの黄金法則

一、将来の資産と家族の財産を築くため、最低でも収入の十分の一を貯めるならば、黄金は自ら進んで、しかもだんだんとその量を増やしながらやってくるだろう。

二、貯まった黄金がさらなる利益を生むような働き口を見つけてやり、家畜の群れのごとく増やせる賢明な主人となるならば、黄金は勤勉に働いてくれるだろう。

三、黄金の扱いに長けた人々の忠告のもとに黄金を投資するような慎重な主人であれば、黄金はその保護のもとから逃げようとはしないだろう。

四、自分のよく知らない商売や目的、あるいは黄金を守ることに長けた人々が認めないような商売や目的に使われる黄金は、その人間から逃げてゆくことだろう。

五、あり得ないような莫大な利益を生ませようとしたり、詐欺師の魅惑的な誘いに従ったり、あるいは自らの未熟で非現実的な欲望に頼ったりするような人間からは、黄金は逃げてゆくことだろう。

その他、気になった部分は以下の通りです。

・「幸運の女神」は行動する人間にしか微笑まない。
・幸運はチャンスを掴むことによって誘いこむことができる
・決意あることろ、道は開ける

やはりベストセラーになるだけあって、
本質について書かれていると思います。
特に、きちんと意識していないと収入が増えても消費も増え、
結局手元に残らないという第二の知恵は身につまされる思いがしました。

バビロンの大富豪
★★★

星の基準
★★★★★ 手元に置いて何度も読み返したい名著 買って配りたい
★★★★ また読みたい、いい本。他人に勧めたい
★★★ よい本だった。また読むかは微妙。
★★ 読む価値のある部分もあるが…。また読むことはなさそう。
★ 時間の無駄だった。