こんばんは、読書大好き、
ブックス滝川@マネテク!です。

ずいぶん前に図書館で借りた本なのですが、
抜き書きをしたまま放置されていました。
まとめてみましたので紹介しておきたいと思います。

人生をシンプルで生産的にする「6つの原則」

  1. 制限する
  2. 本質に迫ることだけを選ぶ
  3. シンプルにする
  4. 集中する
  5. 習慣化する
  6. 小さくはじめる

シンプルですが、肝に命じておきたい原則です。

「増やすこと」を追求しても、最高の結果が得られるとは限らない。
「数えきれないほどの仕事をこなした」ことは「意味あることを成し遂げた」こととはイコールではない。

多ければいいってものでもないですよね。

マルチタスクはやめにしよう。これからはシングルタスクだ。

シングルタスクの方が効率がよいとのこと。

ポイント

  1. 朝一番にもっとも重要なタスクをかたづける
  2. 集中の邪魔になるものをすべて取りのぞく
  3. 気が散ったらゆっくり深呼吸して集中し直す
  4. 割り込んできた仕事は、とりあえず棚上げする
  5. タスクを達成したらスケジュールを見直す
  6. 中断するときは、すぐに再開できるようにしておく
  7. リラックスして楽しもう

計画がきちんとできていることが前提だと思います。

「今」に集中する
過去や未来ではなく、「今」に集中すれば、生産的・効率的に、しかも落ち着いて地に足の着いた仕事ができる。

ふむふむ。

「ワン・ゴール」方式
一度に1つのゴールだけに集中して効率よく目標を達成するテクニック

ひたすらシンプルに、ですね。

スモール・タスク
小さければ小さいほどいい。その分達成しやすくなる。
そして取りかかる。とにかく取りかかる。
そのうち巨大なタスクを踏破できる。

細かく分割するのは、結構重要です。
無意識にできるくらいの細かさにすると、楽です。

Eメールの処理時間を減らす

  • 1日のチェック回数を決める
  • 最適な時間帯を決める
  • 朝一番にEメールを見てはいけない
  • メール・アラートを切る
  • 習慣化する
  • 入ってくるメールを減らす
  • スパム・フィルタを活用する
  • 受信トレイをToDoリストにしない
  • 手早く片づける
  • デリート・キーを気前よく使う
  • 読んだら必ず受信トレイから出す
    ※ルールはいつも「受信トレイにメールなし!」

個人的にも膨大なメールを毎日処理する必要があるので、
なんとかしたいと思っています。

人がどれだけがっかりしようと、自分の人生には、自分にとって大切なものを選ぶべきだ。いつも人の求めにばかり応じていたら、あなた自身の時間は決して生まれない。

自分が一番ですよね!

何もかも果たすなんてできやしない。無理をすれば人生を楽しめない。
何もかもやるなんて無理だということを認めよう。自分にとって重要なことがしたいんだと自覚しよう。その上で、重要ではない関わり合いを削っていこう。

そうそう、無理は禁物。
重要なことにフォーカスして、きちんとやっていきましょう。

モチベーションを見つめなおす
なぜそれをやろうとしているのか、自分のモチベーションを再確認しよう。

定期的に原点を確認したいですね。

つらいときにモチベーションを維持する
欲張らない
やりたいことの50~70%くらいで十分

欲張り過ぎないようにしたいです。

減らす技術 The Power of LESS
★★★

星の基準
★★★★★ 手元に置いて何度も読み返したい名著 買って配りたい
★★★★ また読みたい、いい本。他人に勧めたい
★★★ よい本だった。また読むかは微妙。
★★ 読む価値のある部分もあるが…。また読むことはなさそう。
★ 時間の無駄だった。