こんばんは、読書大好き、
ブックス滝川@~マイレージ・クレジットカード~ マネーテクニック!です。

というわけで、村上春樹の新作、
「色彩を持たない多崎つくると、彼の巡礼の年」をさっそく購入して読んでみました。

あらすじとか諸々は過去記事に書きましたので、
よろしければご覧下さい。

(過去記事)
・村上春樹新作「色彩を持たない多崎つくると、彼の巡礼の年」あらすじ(ネタバレ)
・村上春樹新作「色彩を持たない多崎つくると、彼の巡礼の年」タイトルが持つ意味
・村上春樹新作「色彩を持たない多崎つくると、彼の巡礼の年」があっという間に消えた件


もともと村上春樹が好きで、特に好きな作品は、
羊をめぐる冒険、世界の終わりとハードボイルドワンダーランド、
ダンス・ダンス・ダンス、ノルウェイの森あたりな管理人です。
他の作品ももちろん好きで、ひと通り読んでます。

というわけで、発売初日に購入して読んでみました。

一読して感じたのは、これまでの村上作品でも繰り返し
用いられてきたモチーフが随所に見られる、ということです。

物語の中で起こる様々な出来事に対して、村上作品での既視感を感じました。
ただ、それがよくないということではなくて、
ある意味安心できるというか、期待を裏切らない内容になっていると思います。
そして村上春樹がこの作品に込めたテーマは、
これまでの村上作品でも幾度と無く取り上げられてきた、
喪失からの回復、なのだと思います。

また、村上作品を読んだことがない人でも、
すんなりと入っていける、そういう間口の広さも感じました。

ちなみに主人公と管理人はほぼ同い年。
いろいろと自分の経験に重なることもあり、結構感情移入して読みました。

そして、理由はよく分かりませんが、長い時間を超えて、
それでも心がつながっている、という感覚を感じて、
なんだかとても嬉しくなりました。

人間は生きていればいろんなものを失いながら
生きていかざるを得ない側面があります。
でも「すべてが時の流れに消えてしまったわけじゃないんだ」、
そういうことなんだと思います。

個人的には、とても好きな本に出会えたような気がします。

色彩を持たない多崎つくると、彼の巡礼の年
★★★★

星の基準
★★★★★ 手元に置いて何度も読み返したい名著 買って配りたい
★★★★ また読みたい、いい本。他人に勧めたい
★★★ よい本だった。また読むかは微妙。
★★ 読む価値のある部分もあるが…。また読むことはなさそう。
★ 時間の無駄だった。