こんばんは、読書大好きブックス滝川です。

読書はもっぱら紙ですが、できることなら大量にある本を自炊して
処分してしまいたいなぁなんていう願望は結構前から持っています。
ScanSnapも持ってますし。

まぁ時間がないとかそういったことを言い訳にしてなかなかできていないわけですが…(笑)。

でも、自炊しなくても、紙の本より安価で電子書籍が販売されれば、
手元に置いておきたい本については正直もう一度買いなおしてもいいと思ってます。
紙の本の保有コストはばかにならないと思っていますので。

Kindle & iPadKindle & iPad / priittammets


そんなこんなで、電子書籍および電子書籍リーダーには期待しているわけですが、
アメリカで起きていることはたいてい数年遅れで日本でも(世界でも?)起こるわけで、
きっと電子書籍が普及していくに違いないと予測しています。

紙の本には紙の本の良さがありますから、なくならないとは思いますけどね。

電子書籍リーダーは、実は日本でもすでにいくつか存在しています。
ソニーのReader(アメリカでもそれなりに人気のようです)、
あとはiPad/iPhoneがメジャーどころでしょうか。
ただし、iPad/iPhoneは統一されたコンテンツ配信サイトがあるわけではないので、
読みたい本に応じて別のアプリを立ち上げたり、
別のサイトからダウンロードしたり、といった手間があります。
横断的なコンテンツ検索とかができればいいんですが、まぁ専用機ではないですからね。

で、アメリカですが、やはり一番人気はAmazonのKindleのようです。
そしてKindleは今年日本上陸が予定されているわけですが、
既に40社程度の出版社とコンテンツ配信について合意しているとのニュースが流れました。
ただし、大手の出版社というよりは、中小の出版社、という感じのようです。

これを受けて大手出版社がどう動くかですが、
極めて古い体質の業界という印象がありますので、
時間はかかるのかなぁと思っています。

いずれ、世の中の全ての本がデジタルデータ化されている、なんていう状況になるといいですね。