こんばんは、今日も楽天ブックスで本を2冊注文した、ジョージ滝川@~マイレージ・クレジットカード~ マネーテクニック!です。

しばらく前に、出稼げば大富豪という本を読んだところ、とてもよい本だったのですが、その本に出てくる「アニキ」が実はこの「夢をかなえるゾウ」のガネーシャのモデル、という噂を聞いて、遅ればせながら読んでみました。

本自体は、数年前に空前の大ヒットをとばした自己啓発本です。

ベストセラーの常として、古本市場にも出回っているので、Amazonのマーケットプレイスで購入しました。


書かれている内容自体は、過去の自己啓発本と大差ないと思うのですが、突如現れた神様、ガネーシャと主人公の間で繰り広げられる漫才がとてもテンポがよく、非常に読みやすいです。

また、ガネーシャからの課題という建て付けで成功するために必要な様々な課題が提示されるのですが、これを一つ一つクリアしていくことで、自然と成功に近づくことができるように工夫されています。

本に出てきた言葉で、個人的に一番印象に残ったのは、「新しいことをやろうと思ったら、今あるものを何か捨てなくてはならない」、というような言葉です(第9章)。
つまり、新しいことを始めたいと思ったら、新しいことを追加するのではなく、今ある何かを捨てて、言い換えれば、何かを犠牲にして、それで空いた時間やスペースを使って新しいことができる、というようなイメージです。
空いたスペースに、新しいこと(もの)が入ってくる、というような書き方もしていたかと思います。
この言葉は、あれもこれもと欲張りがちな自分には、耳が痛い話でした。

それから、課題は単発でやるというよりも、継続して、当たり前のようにできるところまで落とし込まなくては意味がないです。
強い意思を持って、継続したい内容だと思います。

夢をかなえるゾウ
★★★

星の基準
★★★★★ 手元に置いて何度も読み返したい名著 買って配りたい
★★★★ また読みたい、いい本。他人に勧めたい
★★★ よい本だった。また読むかは微妙。
★★ 読む価値のある部分もあるが…。また読むことはなさそう。
★ 時間の無駄だった。