こんばんは、図書館大好き、ライブラリー滝川@マネテク!です。

管理人が愛読している雑誌、「COURRiER Japon」をチェックしていたところ、「美しすぎる図書館」として世界の図書館が紹介されていました。
というわけで、今回はその記事を元に、美しすぎる世界の図書館を6つ紹介したいと思います。
その他の記事も含め非常に面白い雑誌なので、気になったらぜひ読んでみてください。

フランス国立図書館 リシュリュー館

「COURRiER Japonの表紙にもなっている図書館ですね。
フランスのパリにある図書館で、めちゃくちゃ美しいです。
さすがフランス。
以降の図書館にも共通して言えることなのですが、本棚がだいぶ高くて上の方の本を取るの大変じゃないんですかね(笑)?

フランス国立図書館 リシュリュー館
・Bibliotheque nationale de France – Google 検索

アンジェリカ図書館

お次はイタリア、ローマにあるアンジェリカ図書館です。
どこかで見たかも?と思われた方もいらっしゃるかもしれませんが、私も大好きな「天使と悪魔」の撮影で使われています。
本来はバチカンの図書館のシーンだったと思うのですが、撮影の許可がおりず、アンジェリカ図書館を使ったとか。
明るい感じで、かつ荘厳な雰囲気ですね。

(過去記事)
・天使と悪魔/ダビンチコード Blu-ray2枚セット | シネマたきがわ

アンジェリカ図書館
・アンジェリカ図書館 – Google 検索

ザンクト・ガレン修道院図書館

こちらはスイスにある修道院(みんな大好き世界遺産!)に併設された図書館です。
やはりキリスト教関連の書物が多いんですかね。

ザンクト・ガレン修道院図書館
・ザンクト・ガレン修道院図書館 – Google 検索

ジョージ・ピーボディ図書館

アメリカはメリーランド州ボルチモアにあるジョンズ・ホプキンス大学にある図書館です。
ちなみに、ジョンズ・ホプキンス大学はボルティモアの実業家ジョンズ・ホプキンスの遺産を基に、1876年に世界初の研究大学院大学として設立された大学だそうです。
日本ではそれほど有名ではないかもしれませんが、アメリカでもトップレベルの大学として知られています。
ちなみにこの図書館、イベント等を行うスペースとして借りることができるそうです。
すごすぎます…。

ジョージ・ピーボディ図書館
・ジョージ・ピーボディ図書館 – Google 検索

トリニティ・カレッジ図書館

こちらはアイルランドのダブリンにあるトリニティ・カレッジの図書館です。
創立者はエリザベス女王1世とのこと。
とにかく荘厳すぎます…(笑)。

トリニティ・カレッジ図書館
・トリニティ・カレッジ図書館 – Google 検索

王立ポルトガル図書館

最後はこちら、ポルトガルにあるかと思いきや、かつてのポルトガルの植民地、ブラジルのリオデジャネイロにある王立ポルトガル図書館です。
ここもまたハンパないですね…。

王立ポルトガル図書館
・王立ポルトガル図書館 – Google 検索

まとめ:図書館最高!

というわけで、図書館を見ていると本を読みたくなりますね!
ちなみに私がよく行く図書館は、川崎市立図書館日吉分館です(笑)。
荘厳さのかけらもありませんが、インターネットで市内の図書館の蔵書を予約して受け取る、という使い方ができるのは本当に便利です。
来年も図書館にお世話になりつつ、読書をしていきたいと思います。