こんばんは、今でしょ大好き、今でしょ滝川@マネテク!です。

「今でしょ」のフレーズで一躍有名になった林修先生の本を読んでみました。

当初は一発屋というかイロモノ的な雰囲気があった林先生ですが、その高い実力が評価されて今やテレビ番組に欠かせない人というポジションを確立しています。
この本にその秘密が隠されているような気がしました。

戦略を持って準備することの重要性

一言で言うと、「戦略を持って、常に準備しておけ」ということなのだと思います。
そうすることによって、「今でしょ」のタイミングで「やれる」わけです。

以下、気になった点をメモしておきたいと思います。

相談を受ける時の心構え

相談者は多くの場合、すでに答えを用意しながら、あえて相談しているのです。
そして、自分の思っているとおりの答えを言ってくれる人のことを「あの人はいい人だ、自分のことを本当によくわかってくれている」と評するのです。

できる人と完璧主義者の違い

人間の目指すべきは、与えられた時間の中でベストを尽くすこと以外にはありえないのです。
「できる人」たちはこのことがわかっているから、逆算の哲学に基づいて順番をしっかり考えて、できないことはできないと大胆に切り捨てているのです。
最終的に「満足」が得られればいい、ここが「完璧主義者」との大きな違いです。

これって仕事も同じだなぁと思いました。
常に一定の制約の中で成果を出さなくてはならないわけで、完璧な仕事なんて無理なんです。

権威トレンド

人それぞれの権威トレンドを的確に読み取って、その人が自分に「権威」を感じるように、つまりは「この人の言うことなら聞こう」という状況を作り出していくことこそが、自分の思いを届けるために一番大切になるのです。

戦略について

たいした努力をしなくても勝てる場所で、努力をしなさい

幸福の秘訣は自分がやりたいことをするのではなく、自分がやるべきことを好きになることだ

結局、大切な事は、自分の勝てるレースと脚質を見極めることです。
それが、僕はこれしかできません、でもこれでは誰にも負けませんと、胸を張って言うことにつながるのです。
そのためにはいろいろなことにチャレンジするべきです。

まとめ:人に歴史あり

内容的にはいろいろなところで言い古されているものも多いですが、林先生がいかに戦略的に行動してきたか、というのが垣間見れて、面白かったです。
あと、見た感じすごく真面目そうなんですが、ギャンブルが好きだったり、意外とギャップのある人なんだということも分かり、興味深かったです。

いつやるか? 今でしょ!
★★

星の基準
★★★★★ 手元に置いて何度も読み返したい名著 買って配りたい
★★★★ また読みたい、いい本。他人に勧めたい
★★★ よい本だった。また読むかは微妙。
★★ 読む価値のある部分もあるが…。また読むことはなさそう。
★ 時間の無駄だった。